キラッと輝く瞳は電気工事の効果【家電が大好きになる魔法を唱える】

住宅

給湯器を愛そう

家

給湯器はガスや電気を燃焼させ、毎日風呂の水やキッチンのお湯を出す機能を果たしている。
給湯器が無ければ暮らしが成り立たない、というほどのものであるが、意外と普段は存在自体を意識することは少ないものの一つでもある。
しかし、建物が古くなるのと同じく、給湯器も古くなる。
だいたい15年新品から経過すれば給湯器は交換時期と言われている。
15年もの間何も無ければよいのだが、定期的に修理や点検を行っていなければ、適切な使用ができないこともあるので、毎年の点検が必要になってくる。

また、リフォームの際にも給湯器を交換・修理を行うことがある。
給湯器には色んな種類と用途があるので、それに合わせて適切な給湯器を選ぶと生活も快適になる。

水道管が古くなれば、赤錆などが起こってしまう。
建物自体が古くなってしまっていれば、その内部の設備も古くなっていることが自然と考えられる。
新築から住んでいる場合は現在までの間でどれだけの回数修理をしているかということが分かる。
しかし、築何年も経っている集合住宅や、中古の一戸建て住宅の場合、それが把握できないことも多い。
水道管の劣化の場合、赤錆などが出るので、それから点検などができるかもしれないが、給湯器は修理や交換の時期をどうやって知るのか分からないという人は多いであろう。

水道管が古くなってしまうと、赤錆だけではなく水道管の破裂による水漏れが心配である。
水道管だけでなく、給湯器が古くなってしまっても水漏れは起こる可能性が高い。
このため、水漏れを予防するためには、水道管と給湯器の点検が必要不可欠となる。
水漏れを起こしてしまえば、集合住宅の場合は下の部屋にも影響を及ぼす事があるので、注意したい点である。

15年が目安ではあるが、立地や水の特殊さによっては15年に達しなくても水道管や給湯管の交換や修理が必要になることがある。
給湯器自体でも同じことで、給湯管が古くなっているのであれば、給湯器の修理も検討するべきである。

例えば、水道管に使われている素材でも交換時期は変化する。
水道管や給湯管に使われている素材は最低でも3種類はあり、集合住宅か一戸建か、土地の性質によっても変わる。
金属系の管の場合、鉄が使われているのは昭和40年代が多い。
今日本に建設されている住宅は集合住宅で一番古くても築70年程度である。
ほとんどが建て替えを行っているので、こうした鉄や鉛系を使っている所は少ない。
ただし、給湯管だと例外で、銅を使っていることが多い。

また、ビニールやポリエチレンの素材を使っているところも多い。
こうしたビニールなどの水道管は、建物の内部に使われる事が多い。

ステンレスは塩化ビニール系と同様最も錆びにくいので重宝されている素材である。

給湯器やそれに伴う給湯管、水道管を交換する際は、素材の面に気をつけていれば、頻繁に交換や修理を行う手間を省くことができる。
しかし、次に気をつけなければならないのが、交換や修理のしやすさである。

リフォームの際は、増築や減築を行うので、建物の構造自体が変化することがある。
こうした、リフォームの際に最も給湯器を交換する人が多い。
その際は、給湯器の置き場所にも気を使うことになる。
置き場所が適切でなければ、修理の際に人が入りにくいので適切な電気工事がしにくい場合がある。
また、給湯器の機能を増やしたい、という場合には給湯器の大きさが変わることもある。
このような場合は、給湯器の大きさを考慮に入れて、置き場所を設計しなければならない。
もしくは、置き場所に合わせて給湯器を選ぶことになるが、その場合考えていた機能を諦めなければならないこともある。
最初から置き場所を設計する余裕があれば、気をつけて設計したほうが良い。

給湯器を交換する際は、機能性を考えて電気工事を依頼したい。
現在は、エコの視点から、給湯器の燃料使用量を考えて交換することが多い。

家をリフォームする際に、近年は家をオール電化にする人が増えている。
太陽光発電システムを設定する場合は、多くの場合このオール電化にする。
太陽光発電では、ガスや化石燃料を使わず、太陽光パネルが直接電気を作り出す。
その際は、ガスの力出給湯器を動かすよりは、電気で給湯器を動かしたほうが修理の際も効率的だからである。
この場合、キッチンはIHクッキングヒーター、電気給湯器を設置することになる。

電気給湯器では、エコキュートが近年人気である。

エコキュートは最もエコに役立つ電気給湯器である。
これはヒートポンプ式をとっており、毎日使う量の水を計算し温め、貯めておける電気給湯器である。
その仕組といえば、大気の熱を利用しポンプで水を汲み上げるという仕組みがある。
給湯器を沸かす際には、熱が大気に触れ逃げてしまうことが燃料の無駄につながっていた。
しかし、このタイプの電気給湯器では、大気の熱を利用するので、熱量に対し三倍の力を発揮することができるのである。
少しの熱量で多くの働きが期待できる点が、エコに繋がるのである。
冷却に関しても空気中の二酸化炭素を利用しているという点が、熱の面でも冷却の面でも効率が良い給湯器である。

エコキュートは、貯水タンクが付いているため、家族が多い場合は自然と大きさが大きくなる。
このため、交換の際は家族の水の使用量も含めた検討が必要である。
修理の際も、作業する場所が必要なため、広い面積をとって設置した方が良い。

ガス給湯器も近年はエコを考えた商品が開発・発売されているので、交換の際は電気温水器だけでなく、ガス給湯器の検討も一考の価値がある。
ガス給湯器は、多くの集合住宅において使われており、その場合は給湯管や配電システムもガス給湯器用のものが多い。
このため、修理しやすさも考えてガスか電気給湯器かを検討したいものである。

ガス給湯器のシステムでは、お湯を貯めておく必要がないため、貯湯タンクが必要ないことがメリットである。
集合住宅の場合は、給湯器を置いて置けるスペースが決まっていることが多い。
このため、貯湯タンクを置けるスペースがない集合住宅では、ガス給湯器の利用が便利なのである。

ガス給湯器を選ぶ際には、号数に気をつけたい。
この号数が大きくなるほどに、ガス給湯器の機能も高まり、一台で追い焚きが可能となる。

給湯器には、床暖房の機能を持ったものもある。
住む地方によって様々な便利な使い方ができる。

キラッと輝く瞳は電気工事の効果で期待すると良い。より一層電気が使いやすくなるので、家庭にも嬉しいと言える。

ダクト工事依頼のポイント

メンズ

ダクトの工事、清掃で快適な環境を作りたいという方も、出来るだけコストを抑えてスピーディーな工事だと嬉しいのではないでしょうか。 空調ダクトを工事するにあたって、建設業界ならではの分業制で工事が着工されることが数多くあります。

More Detail

断熱リフォームをしよう

男性

窓の断熱リフォームには、いくつか種類がありますが、まずは熱の性質について理解しておくことが大切です。そうすることによって、その場に最適な断熱リフォームを依頼し、快適な環境で過ごすことが可能です。

More Detail

幅広い工事の1つ

住宅

原状回復工事とは、基本的に店舗内の解体工事などのことを指します。 しかし、業者によってサービスは様々で、中には幅広く対応してくれるところもあるので、用途に合わせて工事業者を選んでみましょう。

More Detail

Copyright© 2016 キラッと輝く瞳は電気工事の効果【家電が大好きになる魔法を唱える】 All Rights Reserved.