キラッと輝く瞳は電気工事の効果【家電が大好きになる魔法を唱える】

家

ダクト工事依頼のポイント

メンズ

私達は、様々な建物の中で生活を営み、仕事に取り組んでいます。雨風を凌ぐ壁や天井があり、快適な温度にするためのクーラーや暖房の設備も整っていることでしょう。
そういった場所は目につきやすく、意識をしているかと思います。しかし、普段目に付きにくいけど、我々の生活や仕事環境を快適に保っているものがありますそれはダクトなどの空調設備です。
ダクトなどの空調設備が整っていないと、汚れた空気は外に出ず、外の新鮮な空気が入ってこなくなってしまいます。このような時に換気をしないと、風邪のウイルスなどが体内に入り、体調を崩す事も考えられます。
飲食店などの厨房では、火を使い調理を行います。出た煙を外に出す排煙機能を備えたダクトが無いと、二酸化炭素中毒になってしまう可能性すらあります。

このように、我々の暮らしに欠かせないダクトですが、今あるダクトがどのような状況か把握しているでしょうか。
もしも、ダクトの調子が悪いのに気付かずに放置しているのであれば、早急に工事、清掃などの対応をすることをおすすめします。
ダクトを整備することで、さらに快適な生活と職場環境を手に入れましょう。
では、どのような症状があればダクト工事、清掃を行ったほうがよいのでしょうか。
まず目安になるのが、ドアの開け閉めです。閉めきった室内でドアを開け閉めする際に、空気の重みで閉めづらかったり開けづらかったりした場合は、十分な換気ができていないことが考えられます。
空気の逃げ道が無くなっているサインでもありますので、空気の行き来を確保するために、排気系等の点検が必要でしょう。

また、仕事から帰宅した後衣服の臭いを嗅ぐと、臭いがついているということは無いでしょうか。
オフィスであれば、タバコの臭い。飲食店であれば、料理に使った油の臭い。そういった職場の臭いがついていた場合は、空気を排気する場所と、外の新鮮な空気を取り入れる場所の位置関係が適切では無いことが考えられます。
臭いは職場環境を快適にする重要な要素です。空気の通り道をしっかり作り、空気の入れ替えができる位置関係を築きましょう。

換気をする際に、気になるくらいの機械音がするという場合もダクトなどの換気システムを見直す必要があります。ファンの耐用年数が過ぎており、風量の調節がままならない状況にある場合は、機器の取り換えを行う必要があるでしょう。

その他にも、トイレや厨房の臭いが客席にも流れ込んでいる、お隣さんから悪臭が出ると苦情が来たといった場合もダクトの工事、清掃が必要です。

こういった不調を感じていたにも関わらず、ダクトの工事や清掃を行わなかった場合、事故につながる可能性もあります。
ダクトの中に溜まったホコリや油が、調理の火や電気漏れなどのきっかけで引火して火災に発展することがあります。
ダクト内のホコリや油に引火して起こるこのような火災のことを、ダクト火災と呼びます。

一度ダクト火災が起きてしまうと、火を鎮火するのは大変な労力を要します。
ダクト内の火を消すために、ダクトが通っている壁や床を取り壊す作業を行わなければなりません。もちろん消火作業には大量の水を放水します。近隣の店舗などにも被害が及ぶことも考えられます。
ここまでの事故に発展した場合は、ダクト、壁、天井、床の修理費用がかかるのはもちろんのこと、隣の店舗に与えた影響の分も保障も発生する可能性があります。
修理の間は営業が出来ない状態となりますので、収入がゼロとなります。
さらに、店内には焦げたような臭いが充満するようになります。一度火災が起きた店舗独特のこの焦げ臭はなかなか取れません。
無事に営業再開したとしてもお客さまが離れてしまう可能性も考えられます。

このように数多くのリスクが想定されます。ダクト火災に発展する前に、工事や清掃といった対策を取るようにしましょう。

ダクトと一括りにいっても、様々な種類が存在しています。工事・清掃を行うにあたって生活や仕事をしているシーンに合ったダクトを知り、より高い効果が得られるものを選ぶ様にしましょう。

まず、室内の空気を快適に保つために欠かせないのが空調ダクトです。このダクトを設置することで、温度と湿度をコントロールすることが出来ます。
お客さまが出入りするような場所ではこの空調ダクトが効果的な働きを見せてくれるでしょう。

室内の淀んだ空気を外に出し、新鮮な外気を室内に送り込むのが給排気ダクトです。
人が活動する部屋では法律で設置する義務が定められていますので、必ず設置するようにしましょう。

そして、油やホコリ、水分などの不純物が混じった空気を輩出する厨房排気ダクトがあります。
煙を集める機能や、油を除去する装置などが備えられているものがいいでしょう。また、火災が起きた際に燃え広がるのを防ぐ装置を備えたものもありますので、安心安全を得たのであればそういった機能を備えたダクトを選ぶとよいでしょう。

また、火災などの事故が起きた時に煙を排煙する機能に長けた排煙ダクトもあります。
火災の際に、煙による中毒で意識を無くし避難が困難になって命を落とすケースもあります。勢い良く大量の煙を排出できる排煙ダクトを備えることで、有事の際に避難しやすい空気が作られます。

ダクト工事をするまでもないが、ダクト清掃を行いたいという方も、専門の業者に依頼するのが良いでしょう。
見える部分だけ自力で清掃しても、眼に見えない部分や、細かい部品や隙間に入った汚れまで取り除くことは大変困難です。

また、アフターケアが充実している業者もあります。
清掃を行ったのにまだ嫌な臭がするといった場合や、動作不良が起きてしまった場合、相談の上適切な対応をお願いできるのです。
知識が無く、不安な場合も相談する相手が出来るだけでも心強いのではないでしょうか。

現状の調査を調査会社が行い、その他設計や、提案、そして施工、最後のメンテナンスまでそれぞれ専門の業者が分担して行うといった状態です。
この場合、中間で発生するマージン等の影響でコストの面も高くなり、また情報の伝達が滞ることもしばしばあります。

その点、調査から施工、メンテナンスまで一貫して対応している業者もあります。そういった業者を選ぶことで、よりスピーディーで低コストな施工を実現することが出来ます。
まずは一環対応のダクト専門業者を探してみてはいかがでしょうか。

様々なリスクを回避し、快適な環境を作るためにも、ダクトの工事清掃を検討してみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2016 キラッと輝く瞳は電気工事の効果【家電が大好きになる魔法を唱える】 All Rights Reserved.